証券会員制法人札幌証券取引所の専務理事が定(さだ)登(のぼる)氏から鳥居克広氏に交代する。定氏は北海道財務局出身で2006年から札証専務理事を務めてきたが、同じく道財務局出身の鳥居氏に交代する。10月1日に就任する。P1040056(写真は、札証の入っているビル)

 専務理事に就く鳥居氏は、1957年6月生まれ、北海道出身、59歳。76年4月道財務局採用、94年7月関東財務局理財部検査第二課金融証券検査官、99年7月道財務局理財部金融監督第二課上席調査官、2007年7月関東財務局管財第二部統括国有財産管理官、08年7月道財務局管財部統括国有財産管理官、13年7月道財務局帯広財務事務所長、15年7月道財務局管財部次長、16年7月退官。同年9月から札証審議役。
 なお、定氏は相談役に就任する。


1人の方が「この記事が参考になった」と言っています。