石狩市新港南2丁目に建設中だった「スーパーホテル石狩」が竣工、3月5日(木)に石狩市内初のビジネスホテルとしてグランドオープンする。「スーパーホテル」は、道内では旭川、札幌、函館、北見、帯広に各1棟、釧路に2棟の合計7棟を展開しているが、いずれも中心部に立地している。石狩のホテルは市街地から離れた郊外立地で周辺には飲食店舗もない。ビジネス・観光系ホテルとしては異例の立地で集客戦略が注目を集めそう。(写真は、3月5日に開業する「スーパーホテル石狩」)

 立地場所は、国道337号線沿いで複合型場外発券場「サテライト石狩」やパチンコ・パチスロの「ダイナム石狩店」、釣具・釣餌の「フィッシング新港」の近く。道内最大級の工業団地「石狩湾新港地域」へのアクセスが良く、毎年8月に行われ2日間で7万人を超える来場者がいる野外ロックフェスティバル「ライジングサン」の会場となっている石狩湾新港樽川埠頭にも近い。

 また、少し足を伸ばせば観光施設として佐藤水産(本社・札幌市中央区)の「サーモンファクトリー店」や「はまなすの丘公園」などもある。

 ホテルは6階建てで客室数は106室。天然温泉「花畔(ばんなぐろ)の湯」があり、有機JAS認定野菜を使ったサラダと焼き立てパンの健康的な無料朝食も付く。
 なお、ホテル前の広大な敷地では、会員制の大型倉庫型店舗を展開するコストコホールセールジャパン(本社・川崎市川崎区)が「コストコ」の北海道2号店を計画している。


22人の方がこの記事に「いいんでない!」と言っています。