事業再生・事業承継事業やホテル・レジャー事業などを行っているレンブラントホールディングス(HD、本社・神奈川県厚木市)は、8月1日にホテル「レンブラントスタイル札幌」を開業する。札幌市中央区南7条西5丁目で旭観光リース(札幌市中央区)の立体駐車場「北欧パーキング」があった場所で、白を基調としたスタイリッシュなホテルに生まれ変わる。(写真は、8月1日に開業する「レンブラントスタイル札幌」)

「レンブラントスタイル札幌」のコンセプトは、「まちのとまり木」。地上11階建てで客室は2~11階全184室。ダブル50室、ツイン123室、和室2室、デラックスツイン5室、ユニバーサルルーム1室。3室あるコンセプトルームは北海道の自然を表現した「リバーサイド」、「フォレスト」のほかレンブラントHDが2017年7月にダイエーから承継した「ドムドムバーガー」を表現した「DOMDOMルーム」もある。1階のレストランは北海道の食材を利用した料理をブッフェスタイルで提供する。

 レンブラントHDは、ホテル事業としてシティホテルの「レンブラントホテル厚木」や「レンブラントホテル大分」のほかビジネスホテルの「ベストウェスタン横浜」、「ベストウェスタン東京西葛西」など9施設を運営している。「レンブラントスタイル札幌」は、同グループの新ブランドホテルで同グループの北海道1号ホテルとなる。

 ちなみにドムドムバーガーは、2017年9月の「イオン湯川店」(函館市)の閉店で北海道からは姿を消しているが、全国では31店舗が営業している。


14人の方が「この記事が参考になった」と言っています。