繊維製品卸の丸金浅野商事(本社・札幌市中央区)は、札幌市中央区北4条西12丁目の旧本社跡地を利用してビジネスホテルを建設する。建物はスーパーホテル(同・大阪市西区)に一棟貸しをする見込み。(写真は、「スーパーホテル」建設予定地)

 丸金浅野商事は、昨年2月に本社を移転、旧本社屋を解体して更地にした。一部は、時間貸し駐車場として利用しているが、残りの土地を使ってビジネスホテルを建設、一棟貸しすることにした。賃貸期間は30年間。

 ホテル建設用地の敷地面積は約202坪(667・30㎡)で、そのうち約110坪(364・26㎡)を利用して鉄筋コンクリート造の地上10階建て建物を1棟建設する。延べ床面積は約734坪(2422・34㎡)、建物の高さは33m。着工は2019年5月初旬を予定している。設計・監理は小松義博建築都市設計事務所(大阪市中央区)、施工は未定。

 丸金浅野商事は「ホテル名はまだ明らかにできない」(浅野正俊代表取締役)としているが、「スーパーホテル」への一棟貸しが有力。同社が展開する同名のホテルは、国内に133ヵ所ある。北海道は6ヵ所展開しており、現在は帯広市と石狩市でホテル建設が進んでいる。札幌市内では「札幌・すすきの」を運営しており、今度が2棟目になる。


10人の方が「この記事が参考になった」と言っています。