新型コロナウイルスの影響で、北海道物産展の中止や大口取引先の減少などが苦境に陥っている北海道の食品事業者の商品を集めた「オンライン北海道物産展」が、スタートした。(画像は、「オンライン北海道物産展」のトップページ)

 このプロジェクトは「スマイルマルシェプロジェクト」と名付けられたもので、イオンモール旭川駅前やヤマト運輸をはじめ、道内の様々な事業者が応援団を結成、北海道の食品事業者を支援するために立ち上げられた。最初の商品は、「オンライン物産展お楽しみ詰め合わせセット」で3000円、5000円、8000円の3種類。いずれも送料は無料。今後、食品事業者の準備が整い次第、他の商品もオンラインで販売する。

 プロジェクトを発案したのは、農業・マルシェプロデューサーの脇坂真吏さん。脇坂さんは、イオンモール旭川駅前で「Sousei Marche」を出店しているほか、東神楽町農業プロデューサーとして活動している。「オンライン北海道物産展」と同様の商品もリアル店舗としてイオンモール旭川駅前の特別ブースでも販売する。「オンライン北海道物産展」は、こちら>>


19人の方がこの記事に「いいんでない!」と言っています。