土屋ホーム(本社・札幌市北区)が30日に札幌市白石区のアクセスサッポロで開催した「住宅ビッグバザール」の会場で、土屋ホームスキー部の報告会が開催された。日本人として初めてノルディックスキージャンプ男子ワールドカップで個人総合優勝した小林陵侑選手(22)や葛西紀明監督兼選手(46)らが参加、集まった約100人を前に今季の成績を報告した。(写真は、クリスタルトロフィー=左とゴールデンイーグルのトロフィーを披露する小林陵侑選手)
(写真は、葛西紀明監督兼選手から花束を贈られた小林選手)

 小林選手は、個人総合優勝のクリスタルトロフィーとジャンプ週間の総合優勝者に贈られるゴールデンイーグルのトロフィーを披露、「会場の皆さんには初のお披露目になりますが、ぜひクリスタルと黄金の鷲の輝きを見てほしい」と挨拶、「新元号になっても土屋ホームスキー部一同、名を残していけるように活躍したい」と決意を語った。

 また、前日の北海道日本ハムファイターズ開幕戦での始球式については、「始球式は2度目で、1度目はキャッチャーまで届かなかったので練習したが、今度は力が入り過ぎて球が浮いてしまった」と反省していた。

 葛西監督兼選手は、「遠征中、陵侑と一緒だったが何勝するのか楽しみにして見ていた。監督としてうれしい気持ちの反面、選手としては悔しい気持ちだった。チーム4人の中から世界一の男が生まれて本当にうれしい。陵侑の活躍でみんな世界一になりたいという気持ちになったので、陵侑を目標に頑張りたい」と挨拶した。

 土屋ホームでは、小林選手の活躍を機に企画住宅「LIZNAS(リズナス)」ブランドに新たに「ROYSTYLE(ロイスタイル)」をデビューさせることにした。小林選手は、ファッション好きで服をたくさん持っているため、ファッションと収納に特化したモデルハウスになっている。6月末にはオープンハウスを公開して見学してもらい、販売も行う。

「服や靴を飾っていつも見えるような楽しい雰囲気にしたいと思っている」(小林選手)。外観は、ジャンプスーツの黒、ゼッケンの黄、スキー板の白の3色をイメージしたものになるという。
 報告会では、伊藤有希選手や伊藤将充選手も参加して来場者へのプレゼント抽選会も行った。
(写真は、スキー部4人による抽選会)


3人の方が「この記事が参考になった」と言っています。