昭和の面影を持つ古めかしい飲食店跡が軒を連ねていた、札幌市中央区南1条西19丁目の一角にマンションが建設される。時代に取り残されていたような景色も見納め。まもなく重機によって建物が解体され更地になる。(写真は、日動のマンション建設予定地に立つ飲食店跡)

 閉店してから幾年も経過したような古びた木造の飲食店跡。看板の「そばめし」が往時の賑わいを彷彿させ淋しさを一層際立たせる。しかし、その光景も数日で消える。時が止まっていたスポットは生まれ変わりの胎動を始める。

 解体後の更地は99坪(327・04㎡)の広さ。ここに、建築面積約63坪(208・27㎡)を使い地下1階、地上9階建ての分譲マンション(仮称ラ・クラッセ札幌S1W19)が建設される。建築主は日動(本社・札幌市中央区)。札幌や小樽で「ラ・クラッセ」で知られる分譲マンションを手掛けるデベロッパー。

 総戸数は32戸で延べ床面積は約526坪(1738・46㎡)、マンションの高さは27・54m。設計と監理は荒川建築設計事務所(札幌市北区)が手掛ける。施工は未定。この隣接地には、住友不動産が分譲した10階建て50戸のマンション「裏参道シティハウス」が建っており、管理は日動が行っている。
 かつてそれぞれの小さな物語が紡がれた土地は新しい物語へ引き継がれていく。何気ない小さなまちの一角に時の流れが写り込んでいる。


12人の方が「この記事が参考になった」と言っています。