今月1日から放送がスタートした女優の広瀬すずさんが主演を務めるNHK連続テレビ小説「なつぞら」。国分北海道(本社・札幌市中央区)は、同作をイメージした「北海道小豆ミルクケーキ」を26日から数量限定で発売する。(写真は、国分北海道が販売する『北海道小豆ミルクケーキ』)

「なつぞら」は、節目の通算100作目となる朝ドラで、ヒロイン・なつの少女時代を演じた粟野咲莉ちゃんや、柴田泰樹役の草刈正雄さんらの好演で早くも話題を集めている。物語の舞台が十勝であることから、同社は、十勝や北海道に貢献することを目的に商品を開発、北海道の大地を連想させるケーキに仕上げた。

 原料の小麦粉、牛乳、小豆、卵、砂糖は北海道産。大粒の小豆「大納言小豆」を使用し、しっとりと焼き上げた。柔らかい食感で、牛乳ベース生地のミルク感があふれる味わいとなっている。

 販売エリアは、十勝、道内の観光地、全国北海道フェア、「なつぞら」番組関連催事など。道外での販売は6月以降になる。1箱4個入り(個包装 1個約25g)で 希望小売価格は、北海道エリア630円(税別)、北海道以外のエリア680円(同)。販売期間は2019年4~9月まで。商品に関する問い合わせは、同社マーケティング部事業開発課☎011-350-6309


4人の方が「この記事が参考になった」と言っています。