アークス(本社・札幌市)は、東北地方のグループ企業であるユニバース(同・青森県八戸市)とジョイス(同・岩手県盛岡市)の各店舗で統一ポイントカード『アークスRARAカード』を9月以降順次導入する。カード発行枚数は道内だけで176万枚だが、東北地方の店舗でも導入することから早期に250万枚に引き上げる考え。
 
 東北地方の店舗で導入するのは①現金専用『RARAカード』②プリペイドカード機能付き『RARAプリカ』③クレジット機能と電子マネー機能付き『RARAJCBカード』の3種類。
 
 ①のRARAカードは、支払いが現金専用のカードでアークスグループ各店舗の買い物315円(税込)ごとに1ポイント付与される。②のRARAプリカは支払いを現金かプリペイドカードかを選択でき買い物ポイントのほかにチャージ金額300円ごとに1ポイントが付与される③のRARAJCBカードは、アークスグループ店舗でクレジット利用の際、買い物ポイントに加えて300円ごとに1ポイントが付与されるほかJCB加盟店でクレジット利用しても300円ごとに1ポイントが付与される。
 
 また、各カードともガソリンスタンドなどのポイント提携加盟店で提示するとポイントが付与される特典もある。
 いずれのカードも500ポイントごとに500円分のアークス買い物ギフト券と交換できる。
 
 ジョイスは9月3日の仙台松森店(宮城県仙台市)、雫石店(岩手県雫石町)を皮切りに順次導入店舗を増やし、ユニバースは9月17日のむつ旭町店(青森県むつ市)、毛馬内店(秋田県鹿角市)以降導入店舗を増やしていく。
 
 また11月上旬には、道内で発行している『アークスRARAカード』もそのまま東北地方のアークスグループ各店舗で使えるようにする。
来春には、東北地方でハウスクレジットカードの『RARAクレジット』と電子マネーiD機能付きの『RARAカードPLUS+』も導入する計画。


この記事は参考になりましたか?