「業スー」で人気の低価格スーパー「業務スーパー」が、室蘭市に初出店する。2024年4月25日(木)の予定でオープンする「業務スーパー室蘭店」がそれで、北海道の「業務スーパー」は、34店舗になる。(写真は、ケヒコが運営する「業務スーパー滝川店」)

「業務スーパー室蘭店」は、2024年1月8日に閉店した「西松屋室蘭東店」(室蘭市東町2丁目22-16)の店舗跡に居抜き出店する。「業務スーパー」は、神戸物産(本社・兵庫県加古川市)が直営・FC(フランチャイズ)で展開する低価格スーパーで、全国に1051店舗(2024年1月末現在)を運営している。EDLP(エブリディ・ロープライス)をコンセプトに、神戸物産の国内グループ工場で製造した商品や世界各国から直輸入した商品など、多くのオリジナル商品を提供。常温、冷凍食品が中心で、一部生鮮食品や惣菜を揃えている。

 今回の「室蘭店」をFC運営するのは「業務スーパー」フランチャイジーのケヒコ(本社・横浜市中区)。同社は現在、「すすきの狸小路店」(札幌市中央区)、「苫小牧店」(苫小牧市)、「岩見沢店」(岩見沢市)、「旭神店」(旭川市)、「滝川店」(滝川市)、「苫小牧東店」(苫小牧市)の6店舗を運営しており、「室蘭店」は7店舗目。ケヒコによると、インストアの惣菜コーナー「馳走菜」(ちそうな)も展開する予定。

 道内の「業務スーパー」は現在、33店舗。そのうちG-7スーパーマート(本社・神戸市須磨区)が15店舗、ケヒコが6店舗、パスポート(同・川崎市宮前区)が4店舗、三ッ輪商会(同・釧路市)と三和物産(同・青森市)が各3店舗、カワサキ(同・茨城県水戸市)が2店舗をFC展開している。


74人の方がこの記事に「いいんでない!」と言っています。