トライアルカンパニー(本社・福岡市)は、「スーパーセンタートライアル北見中ノ島店」(北見市中ノ島町2丁目2-13)をリニューアルする。7月13日(水)19時から一時休業、15日間かけて改装工事を行い、29日(金)早朝にオープンさせる。トライアルカンパニーは、今年から道内店舗のリニューアルを開始しており、「北見中ノ島店」は4店舗目のリニューアルとなる。(写真は、「スーパーセンタートライアル北見中ノ島店」=2015年3月撮影)

「スーパーセンタートライアル北見中ノ島店」は、2014年10月15日にオープンした24時間営業のディスカウントス―パー。店舗面積は約1270坪(4190㎡)、駐車場の収容台数は257台。食品や日用雑貨、カー用品、家電、ペット用品、衣料品などをワンフロアに揃え、ワンストップショッピングのニーズに対応している。
 トライアルカンパニーは、2014年に道内で「北見中ノ島店」を含む7店舗を新規出店したが、オープンから8年目を迎え、順次リニューアルに入っている。5月には「千歳清流店」(千歳市)、6月には「苫小牧東店」(苫小牧市)を15日間かけて改装しており、6月22日からは「登別栄町店」(登別市)、7月13日から「北見中ノ島店」も同様の改装を行う。

 各店舗に共通している改装工事のポイントは、生鮮強化と地元産品の品揃え拡充。さらに、タブレット端末とスキャナーを搭載したスマートショッピングカートの導入。スマートショッピングカートは、買い物客が自ら商品のバーコードをスキャンして購入するもので、トライアルのプリペイドカードを使えばレジを通さなくても買い物ができる。「千歳清流店」には120台、「苫小牧東店」には100台を導入した。

 道内の「トライアル」店舗は、現在26店舗。かつてはそれほど評価の高くなかった生鮮、デリカ部門は、ここ数年で様変わりしており、鮮度と値ごろ感によって買い物客のリピート率を高めている。ある食品スーパー幹部は、「今、我々が最も注目しているのがトライアルの店舗。リニューアル後の状態を継続していく力がつけば脅威になる」と話している。食品値上げが相次ぐ中、「トライアル」はリニューアルによって競争力を高める。
※2022年7月1日記事一部修正しました。現在、「登別栄町店」をリニューアル中で7月8日にオープンします。「北見中ノ島店」はリニューアル4店舗目です。訂正いたしました。


37人の方がこの記事に「いいんでない!」と言っています。