アークス(本社・札幌市中央区)グループのラルズ(同・同)は5月25日、サントリーフーズ(同・東京都港区)と共同でサントリーフーズの缶コーヒー「ボス」をラルズ各店舗で買うと、1本につき2円を赤い羽根共同募金に寄付する取り組みを始めると発表した。(写真は、ラルズと北海道共同募金会との調印式。左からラルズ・猫宮一久社長、北海道共同募金会・森昌弘会長、サントリーフーズ・山本貴章執行役員北海道支社長=アークス提供)

 この取り組みは、「なないろ かけはしプロジェクト~未来へつなぐお買い物」とネーミングされ、2022年6月1日(水)から6月30日(木)まで実施される。期間中にラルズ各店舗で、「ボス 贅沢微糖」、「ボス レインボーマウンテンブレンド」、「プレミアムボス」、「ボス カフェオレ」、「ボス 無糖プラック」の1本販売ごとにラルズとサントリフーズが2円を寄付するもの。
 このプロジェクトの実施に際し、ラルズは5月25日にラルズ本社4階会議室で、社会福祉法人北海道共同募金会と覚書を調印した。寄付金は道共同募金会を通じて北海道内の障害者、高齢者、児童などの地域福祉推進に役立てられる。



10人の方がこの記事に「いいんでない!」と言っています。