イオン北海道(本社・札幌市白石区)は、「フードセンター月寒中央店」(札幌市豊平区月寒中央通7丁目6-20)を10月7日(木)にリニューアルオープンさせる。同店のリニューアルは、2014年8月以来7年ぶり。「フードセンター」の屋号は、引き続き使用する。(写真は、リニューアル前の「フードセンター月寒中央店」)

 札幌市営地下鉄東豊線月寒中央駅に直結している「フードセンター月寒中央店」は、東豊線が福住駅まで延伸開業した、1994年竣工のJA月寒中央ビル地下1階にテナント出店。今年がオープンから27年目。店舗面積は、約424坪(約1400㎡)。開業後20年目の2014年8月に、5日間休業してリニューアル、冷ケースの導入や店舗レイアウトを変更して利用客の利便性を高めた。

 今回は7年ぶりのリニューアルとなるもので、10月2日19時から一時休業、3日から6日(水)まで4日間休業して売り場の改装を行っている。冷ケースの一部取り換えや農産、リカーコーナーを一部変更、セルフレジも導入する。リニューアルオープンは7日9時。通常の営業時間は、8時~22時45分。

 同店は、イオン北海道の前身の一つ、旧札幌フードセンターがオープンさせた店舗。マックスバリュ北海道、イオン北海道と運営会社が変わり、「札幌フードセンター」店舗の「マックスバリュ」転換が進んだが、同店は「フードセンター」(札幌は取り除かれた)の屋号で営業を続けてきた。今度のリニューアルを経ても屋号は変わらない。なお、イオン北海道が展開する「フードセンター」は現在、同店以外に「森林公園店」(札幌市厚別区)、「円山店」(同市中央区)の2店舗がある。


28人の方がこの記事に「いいんでない!」と言っています。