工具・DIY・整備用品の専門店「アストロプロダクツ」の「旭川店」が10日、移転リニューアルオープンした。(写真は、移転リニューアルした「アストロプロダクツ旭川店」。オープン前に撮影=読者提供)

「アストロプロダクツ旭川店」は、これまで旭川市末広6条3丁目5-16のコンビニエンスストア店舗跡に店舗を構えていたが、2021年8月31日で一時閉店し、9月10日に同市永山2条16丁目3-9で移転オープンした。移転先は、磁気治療器のオーナー商法で多額の資金を集めて2018年に経営破綻した、ジャパンライフ(本社・東京都千代田区)の旭川支社が入っていた建物。

「アストロプロダクツ」は、ワールドツール(本社・埼玉県深谷市)が全国展開している工具・DIY・整備用品の専門店。輸入商社などによる卸売りが常識だった工具業界の流通に風穴を開け、国内外メーカーと直接取引する自社流通ルートを構築、自前で店舗網を広げるなどして低コストで工具類を提供している。また、オリジナルブランドを海外工場で自社製造、有名メーカーと同等の品質の専門工具もラインナップしてきた。2019年10月には、大和ハウス工業(同・大阪市北区)のグループ会社、ロイヤルホームセンター(同・同市西区)の傘下に入っている。

 現在、国内で180店舗、海外で6店舗を展開。北海道では、旭川、函館、岩見沢、北見、釧路、帯広、苫小牧に各1店舗、札幌に4店舗の計11店舗を出店している。ワールドツールの2021年3月期は、売上高124億9900万円、営業利益17億6600万円、純利益10億3100万円で売上高営業利益率は、14%。


15人の方がこの記事に「いいんでない!」と言っています。