アークス(本社・札幌市中央区)の2021年度入社式が1日、札幌市中央区の札幌パークホテルで行われた。グループ9社の新入社員は、207人で過去最高。会場には78人が出席、129人は各社の本社からオンラインで出席した。(写真は、合同入社式で挨拶するアークスの横山清社長)

 入社式では最初に、アークスの三浦紘一会長がオンラインで「皆さんにはスーパーマーケットを好きになってもらいたい。好きになれば好循環が生まれる。コロナ禍で入社式も分散開催となるなど様々な困難があるが、こうした困難をぜひ乗り越えていただきたい」と挨拶した。

 続いて横山清社長が登壇。横山氏は、「栃木県宇都宮市に本社があるオータニが4月14日から仲間になり、店舗数は375店舗になるが、今後も新しい仲間が増える可能性がある。一定の規模と地域でのシェアを持つことで、さらにお客さまが喜ぶ状況をつくることができる。そうしたことも皆さんの仕事のひとつになる」と話した。その上で、「コロナが社会の変化の大きな扉を開け、まさに世の中が大きく変わっていくスタートラインに皆さんは入社した。競争は自分自身や企業を大きく発展させる原因になる。自信をもって、明るく楽しく前向きに頑張っていただきたい」と激励した。
(写真は、答辞を読む新入社員代表の大渕綾夏氏)

 最後に、ラルズの大渕綾夏氏が新入社員代表として登壇、「サービスの価値が見直される時代において、価値を高められるように励みたい」と答辞を述べた。各社の新入社員数は次の通り。▷アークス2人▷ラルズ52人▷東光ストア24人▷ユニバース47人▷ベルジョイス25人▷福原18人▷道北アークス14人▷道南ラルズ11人▷道東アークス4人▷伊藤チェーン10人。なお、大卒は75人、専門学校・短大卒は17人、高卒は115人。



18人の方がこの記事に「いいんでない!」と言っています。