セコマ(本社・札幌市中央区)子会社のセイコーマート(同・同)は、3月25日(木)午前7時に24時間営業の「セイコーマート苫小牧沼ノ端TS店」(苫小牧市沼ノ端602番6)をオープンさせる。セイコーマートが建て替えなどではない新店舗をオープンさせるのは、本サイト調べで2020年7月30日の「小樽塩谷店」(小樽市、居抜き)以来とみられる。(写真は、25日にオープンする「セイコーマート苫小牧沼ノ端TS店」)

「セイコーマート苫小牧沼ノ端TS店」は、片側4車線の臨港北通沿いにあり、同日にオープンする道内最大級のトラックステーション「Dr.Drive苫小牧TS」の敷地内に出店する。トラックステーションの敷地面積は約4600坪で、「セイコーマート」店舗の敷地は、そのうち約600坪。大型トラック用の駐車枠はトラックステーションと店舗を合わせて29台分。

 新店舗は、黒を基調にした新しいデザインで、トラックドライバーの需要が多い店内調理「HOT CHEF」が最初に目に付くレイアウトを採用。買い合わせが多いパン、カップ麺も多数配置する。また、シャワールームを併設しており、そこで利用するシャンプーなど雑貨類も品揃えしている。

 新店舗から臨港北道を西に約2・5㎞行くと「セイコーマート苫小牧一本松店」(苫小牧市一本松町14番地6)があるが、同店は新店舗オープンに伴い、3月28日(日)で24時間営業を終了、29日(月)から午前5時~午後11時に営業時間を変更する。
※2021年3月22日記事一部修正しました。

202人の方がこの記事に「いいんでない!」と言っています。