「イオンモール苫小牧」(苫小牧市柳町3ー1ー20)のレストラン街に新規店舗が、2月下旬から3月にかけて相次いでオープンする。(写真は、「札幌路地裏スープカリィSAMURAI. 苫小牧店」の出店場所)

 2月下旬にオープンするのは、「札幌路地裏スープカリィSAMURAI.」の「苫小牧店」。ソウルフラワー(本社・札幌市豊平区)が展開するスープカレー専門店で、大東エンタープライズ(同・同市中央区)が展開していた炭焼ステーキ「BEEF IMPACT」の店舗跡への出店とみられる。

「SAMURAI.」は、士別市と名寄市を中心とした契約農家の野菜と士別市産の「きらら397」を使った野菜本来の味を楽しめるスープカレー専門店。椅子にアンティークな中古品を使うなど非日常的な店内も特徴。「平岸総本店」(札幌市豊平区)を含めて道内に8店舗、道外に9店舗を展開しており、イオンモール内への出店は初めて。

 3月にオープンするのは、「久世福商店 イオンモール苫小牧店」。サンクゼール(本社・長野県上水内郡飯綱町)が展開している「ザ・ジャパニーズ・グルメストア」がコンセプトの店舗。全国各地の地元で愛されている生産者と一緒に開発した、だしや調味料、冷凍食品、菓子なども揃えたセレクトショップ。出店場所は、昨年10月に閉店したジー・テイスト(本社・名古屋市北区)の「平禄寿司」店舗跡が有力。

「久世福商店」は現在、「アピア札幌店」(札幌市中央区)、「新さっぽろカテプリ店」(同市厚別区)、「イオン釧路店」(釧路郡釧路町)に出店しており、「イオンモール苫小牧店」は道内4店舗目。なお、別ブランドの「サンクゼール久世福商店」は、「千歳レラ店」(千歳市)の1店舗がある。


47人の方がこの記事に「いいんでない!」と言っています。