JR函館駅の駅チカにやきとり弁当で知られる「ハセガワストア」が、5月中旬にオープンする。「ハセガワストア」は駅前の百貨店「棒二森屋」の地下に入っていたが、昨年1月の同館閉館とともに閉店、このほど1年5ヵ月ぶりに駅前に店舗を復活させる。(写真は、「ハセガワストア函館駅前店」が出店する函館ツインタワービル)

 ハセガワストア(函館市)は、「セイコーマート」を展開するセコマ(本社・札幌市中央区)のグループ会社で函館市や北斗市、七飯町の函館圏に14店舗を展開している。人気メニューはやきとり弁当。1978年の発売開始以来、通称「ハセスト」の看板商品で、注文を受けてから作る出来たてを守り続けている。

 函館駅前には「棒二森屋店」があったが昨年閉店、店舗を求める声が強かった。そうした声を受け、5月中旬に駅前の若松町14ー10にある「函館ツインタワービル」1階に出店することになった。

 函館駅前にはマンションとの複合商業施設「キラリス函館」1階に「ファミリーマートキラリス函館店」があるほか、ホテルとの複合商業施設「ハコビバ」1階には「ローソン函館駅前」、駅ナカには「セブンーイレブン北海道ST函館店」があり、コンビニの激戦区。「やきとり弁当」という尖った商品をもつハセストはどんな戦いをするか。


133人の方がこの記事に「いいんでない!」と言っています。