昨年10月に自己破産した北星実業(本社・札幌市東区)のパチンコ・パチスロホール「パーラー大黒天」の「発寒店」(札幌市西区発寒13条4丁目)跡地を利用して「貸テナント」の新築工事が始まった。(写真は、発寒13条4丁目で始まった貸テナントの新築工事)

 建設場所は、下手稲通とJR発寒中央駅から北に延びる駅前通が交差する西南角地。土地所有者は、「パーラー大黒天」が営業していた当時からの有限会社清栄(札幌市西区)。今回、同社が建築主となって建物を建設、テナントに賃貸する。建物の設計、監理はアラシキ建築設計事務所(同市中央区)、施工はエスデー建設(旭川市)。工期は2019年6月中旬から9月下旬。土地面積は約1700坪(約5610㎡)と広い。


7人の方が「この記事が参考になった」と言っています。