サッポロドラッグストアー(本社・札幌市北区)は、全従業員と一部のグループ企業を対象に、12月3日から「Payme」による給料即日払いサービスを導入した。(写真は、サッポロドラッグストアー本社ビル)

「Payme」は、ペイミー(本社・東京都渋谷区)が提供しているフィンテックを活用した給料即日払いサービスで、給料日を待たずに働いた分の給料を受け取れるサービス。利用者は、パソコンやスマートフォンなどから働いた分の給料を申請するだけで指定した口座に自動で振り込まれる。

 サッポロドラッグストアーでは、「Payme」の導入で就業実績に基づく給料の7割を上限に引き出すことができ、利用時間や一部の金融機関によっては、申請後にリアルタイムで引き出すことも可能になる。なお、引き出しにかかるサービス利用料と銀行振り込み手数料は利用者負担となる。

 従業員の急な出張や震災時の停電で本部が機能しなくなった際の利用も想定、「Payme」を福利厚生の一環として位置付ける。


12人の方が「この記事が参考になった」と言っています。