ホームセンターのDCMホーマック(本社・札幌市厚別区)は、札幌市東区東苗穂3条2丁目5ー10の「東苗穂店」2階に100円ショップ「Can★Do」をテナント誘致した。100円ショップがホームセンター内に出店するのは珍しい。(写真は、DCMホーマック東苗穂店2階の「Can★Do」店舗)

「DCMホーマック東苗穂店」は、2017年6月22日に宮の森北24条通沿いの旧天然温泉「千の湯」跡にオープンした都市型ホームセンター。建物の設置者は、三井住友ファイナンス&リース(本社・東京都千代田区)でDCMホーマックが賃借して営業している。敷地内ではサンキュー(同・福井市)の家電量販店「100満ボルト東苗穂店」も同年7月に開店、営業している。

 キャンドウ(同・東京都新宿区)が展開する100円ショップ「Can★Do東苗穂店」は、11月23日に2階にオープン。店舗面積は100坪程度(約330㎡)で中サイズのショップ。「Can★Do」は、道内に同店を含め73店舗あるが、食品スーパーや総合スーパー、ドラッグストア、ショッピングセンターに入るケースが大半。ホームセンターと100円ショップの品揃えは他業態よりも重複しており、競合商品もある。
 
 道内では、西條(同・名寄市)が展開するホームセンターと食品スーパーの複合業態であるスーパーセンターの「ベストム中富良野店」(空知郡中富良野町)に「Can★Do」が入っているだけで、ホームセンター内への出店はなかった。
 DCMホーマックは、「集客効果を期待している。様子を見ながら他店舗への展開も検討する」(広報)としている。


16人の方がこの記事に「いいんでない!」と言っています。