アークス(本社・札幌市中央区)は16日、3月1日に発足する連結子会社「ベルジョイス」と「道東アークス」の役員体制・組織体制を発表した。IMG_3098(写真は、篠原商店のBASIC橋北店)

 ベルプラス(本社・盛岡市)とジョイス(同・同)の合併で誕生するベルジョイスの社長には、澤田司ベルプラス社長が就任し、代表取締役名誉会長兼CEOに遠藤須美夫ベルプラス会長、代表取締役会長に小苅米秀樹ジョイス社長がそれぞれ就く。横山清アークス社長は取締役相談役に就任する。代表権者は3人。
 また、新組織体制として、ベルプラスの営業部門を第1事業部へ、ジョイスの営業部門を第2事業部へ移行して運営する。その他の部門は組織一本化で効率化を図る。
 
 道東ラルズ(本社・北見市)と篠原商店(同・網走市)の合併により誕生する道東アークスの社長には篠原肇篠原商店社長が就任して取締役会長に渡邊友則道東ラルズ社長が就任、横山アークス社長は代表取締役相談役になる。代表権者は2人。
 新組織体制は、商品統括部と販売統括部を管轄する営業本部を設置、商品統括部の直下にロジステックグループを設置、販売統括部店舗運営グループに篠原商店を管轄する網走地区担当を設置する。発表リリースは、http://www.arcs-g.co.jp/common/datadir/info_dat_20160216152818.pdf

 なお、アークスは3月1日付ゼネラルマネジャーの人事異動と子会社ラルズの2月16日付組織変更及び人事異動も発表した。発表リリースは、http://www.arcs-g.co.jp/common/datadir/info_dat_20160216153115.pdf


2人の方が「この記事が参考になった」と言っています。