マックスバリュ北海道(本社・札幌市中央区)は、苫小牧市内に「マックスバリュ弥生店」(弥生町1丁目9―1)を28日(金)午前9時にオープンさせる。7月24日の「マックスバリュ沼ノ端店」に続く苫小牧市内への新規出店で2ヵ月連続出店。同市内店舗数は7店舗になり地域トップシェアのコープさっぽろ(本部・札幌市西区)に迫る。IMG_7251(写真は、マックスバリュ弥生店=2015年8月13日撮影)

「マックスバリュ弥生店」は、JR苫小牧駅から南西へ1・5㎞の三条通沿い。王子製紙苫小牧工場に隣接した店舗でDCMホーマック、サッポロドラッグストアーも新規オープンする。店舗面積は2169㎡で駐車場の収容台数は約340台。
 
 地域密着をテーマにしたMD(販売政策)を組み、苫小牧特産のホッキ貝、勇払産鶏肉、王子サーモンなどの商品を豊富に品揃えする。店内の焼き立てパンを揃えたインストアベーカリー売場では、朝昼夕に出来立ての商品を用意、2種類の本格カレーを配合した「黒毛和牛のコクと旨みのカレードーナツ」も看板商品として販売する。
 
 今回の新店によってマックスバリュ北海道の苫小牧市内の年間売上高は80億円を超え、地域トップのコープさっぽろを超える可能性も出てきた。


1人の方が「この記事が参考になった」と言っています。