IMG_0086 マックスバリュ北海道(本社・札幌市)は8日、2014年2月期決算を発表した。売上高は904億3900万円、営業利益13億1100万円、経常利益13億7100万円で営業、経常ともに過去最高益になった。13年2月期は決算期変更で13ヵ月の変則決算だったため売上高の比較はできないが、実質的には過去最高の売上高を確保した。売上高経常利益率は1・5%。(写真は、出戸信成社長)
 
 営業利益は5期連続の増益で17期ぶりの過去最高を更新、経常利益も2期連続で過去最高になった。純利益は3億7800万円だった。
 
 好調の要因は、新規出店2店のよる売上げ増と既存店を10店舗リニューアルしたことによる底上げ。「新店と既存店の両輪が売上げを押し上げた」(広報)
 
 売上高は前年同一期間比で107・5%になり、客数は103・9%、客単価は103・5%だった。
 部門別売上高は、次の通り。▽農産110億2200万円▽水産70億1700万円▽畜産75億200万円▽惣菜70億6300万円▽日配203億2600万円▽グロサリー313億9400万円▽インストアベーカリー9億5200万円▽家庭用品32億8500万円▽衣料品3億3200万円▽その他1億4000万円
 
 WAONカードの利用状況は、利用率が累計で35・5%になり累計枚数は22万枚になった。毎月5の付く日に実施しているワクワデーは昨期同日売上比の累計で107・5%だった。
 
 15年2月期は、新規出店は未定だが既存店リニューアルは15~20店舗を計画。売上高920億円、営業利益、経常利益ともに14億円、純利益は4億円を見込む。売上高、営業利益、経常利益ともに過去最高を更新する予定。なお、同社は14年度から中期経営計画を実行、最終年度の16年度に売上高1000億円を達成する考え。
(※本日発表の決算リリース等は、本サイト右欄のマックスバリュ北海道のバナーをクリック、同社ホームページに入りお知らせの項目をさらにクリックすると詳細が閲覧できます)


この記事は参考になりましたか?