• Follow Me

地域経済の専門サイトとしてグローカルな情報を毎日提供しています。

北海道リアルエコノミー

MENU

ホーム 北海道の今を読み解く地域経済ニュースサイト「リアルエコノミー」

札幌で認定観光タクシーが本格お目見え、今年度176人が「おもてなしの心」で観光客をガイド

2011/04/02 10:33

札幌に4月1日から観光タクシー制度が本格的に導入された。専門の認定機関が行う認定試験に合格したタクシー乗務員のみを認定するもので、制度を導入したのは道内では札幌が初めて。東日本大震災で道内観光も大きな影響を受けているが、「北海道から全国に元気を…

新生HAC社長に西村公利・旧HAC社長を続投させる道庁スタンダード

2011/03/19 08:08

新年度からスタートする新生HAC(北海道エアシステム)の社長に現在HAC社長を務める西村公利氏(54)が就任する見通しになった。JALの経営撤退によってHACをオール北海道で支える目的で誕生する新生HACは、旧体制のトップを続投させるしか選択肢が…

4月1日から札幌に観光ガイドタクシーがお目見え、観光知識のある乗務員が観光客をおもてなし

2011/03/07 08:30

 札幌の観光を盛り上げようと、観光タクシーが4月1日から導入される。検定に合格したタクシー乗務員に認定証と車両用ステッカーが交付され、観光客におもてなしの心と観光知識で質の高いサービスを提供する。観光振興とタクシー事業の活性化を図りたい考え。(写真…

札幌交通圏タクシー業界に減車効果、実車率は前年上回る実績

2011/03/03 07:36

 札幌交通圏のタクシー業界に減車効果が出てきた。総台数の約10%にあたる約500台をタクシー会社が自主的に減車して実車率や運送収入の改善を進めているもので、年末年始はようやく前年実績を超えた。  経営改善や運転手の収入アップを進めるには二弾、三弾…

”画竜点睛を欠く”新生HACに道が6億2500万円を拠出

2011/02/21 07:43

 JALの経営からの撤退によって北海道エアシステム(HAC)新体制づくりが最終局面を迎えている。道は2月23日にHAC離陸に向けた補正予算6億2500万円を提案するが、新生HACの社長が未定のままで道議会が賛成できるのかという声も少なからずある。(…

北海道新幹線新函館~新青森の土木工事は「飛鳥高架橋」(青森市)で発注完了

2011/02/07 07:46

 北海道新幹線の新青森―新函館間の開業まで残すところ4年、建設工事が順調に進んでいる。2月上旬に青森市の高架橋1・8㌔の工事発注で土木工事発注は全て完了する。(道庁前にある北海道新幹線札幌延伸を求めるモニュメント)  札幌延伸はまだ見えてこない…

新生HACの焦点はトップ人事に

2011/01/20 07:39

 JALの経営撤退に伴うHAC(北海道エアシステム)新体制づくりのタイムスケジュールが見えてきた。年度内に始動させるのが至上命題になっており、自治体や企業からの出資にもメドがついた。今後の焦点は、新生HACのトップ人事。「航空業界に精通した人物」が…

「新幹線貸付料」は北海道新幹線札幌延伸の新たな財源になるか

2011/01/16 12:30

 北海道新幹線の札幌延伸が遠のく一方だが、その最大のネックになっているのが財源問題。昨年末には財源として鉄道運輸機構の剰余金がクーローズアップされたが、その大半が年金財源に使われることになって白紙に。ところが、そうそう落胆ばかりしていてもしょうがない…

新生HACの年度内発足が確実に

2010/12/28 07:15

 JALの経営撤退でHAC(北海道エアシステム)の新体制づくりが詰めの段階を迎えている。道は既に新たな出資者になる函館市や釧路市、大空町のほか経済界の首脳にも出資を打診、同時平行で作業を進めている。年度内での新体制発足は可能な情勢だ。  道の高井…

新生HAC出資要請に経済界の冷視線

2010/12/07 06:44

 JALの会社更生法が東京地裁に認可され、JAL再建が本格スタートする。それに伴って、JALが出資する北海道エアシステム(HAC)の新体制移行へ残された期間も秒読み段階に入ってきた。しかし、道が出資を求める経済界の反応は厳しい。果たして新年度に間に合…