• Follow Me

地域経済の専門サイトとしてグローカルな情報を毎日提供しています。

北海道リアルエコノミー

MENU

ホーム 北海道の今を読み解く地域経済ニュースサイト「リアルエコノミー」

北海道新幹線札幌延伸を支えた220人の思い綴った冊子を道商連が3月発刊、署名集めやビラ配りをした人たちの思いも

2012/01/17 07:35

 北海道新幹線の札幌延伸が政府与党で正式に決まったが、北海道新幹線の札幌延伸運動を担ってきた関係者たち約220人の思いを集めた冊子が北海道商工会議所連合会から発刊される。2度に及ぶ署名活動に携わってきた人やビラ配りを担当した人、東北に新幹線を見学に行…

HAC欠航相次ぎ搭乗率低迷、道筆頭株主の新体制初年度目標未達確実で赤字決算の懸念も

2012/01/12 11:45

 道が筆頭株主になって昨年4月に新体制でスタートした北海道エアシステム(HAC)の搭乗率が50%を切る状況が続いている。新体制スタート時には今年度に搭乗率55・3%、搭乗人員16万7000人を目標にしていたが、それを下回るのは確実な状況だ。丘珠空港へ…

新千歳空港ターミナルビル第2期リニューアル、出発ロビーを拡張し新規10店舗もオープン

2011/12/15 06:42

 新千歳空港ターミナルビルは、第2期リニューアル工事を終え15日までに新店舗などがオープンした。今回の工事は国内線出発ロビーの混雑緩和を目的に行われていたもので、既存店舗の移設や新規出店工事も同時に実施。国内線出発ロビーはシートスペースも拡充されて広…

自己破産した光星ハイヤー91台の営業権を興亜第一交通が取得、11台減車し80台で年明けから運行へ

2011/11/14 07:59

 今年8月に自己破産した札幌の光星ハイヤーの車両91台の営業権が同じく札幌の興亜第一交通に売却されることになった。札幌市や北広島市などの札幌交通圏ではタクシー会社が自主的減車に取り組んでおり、破綻した光星ハイヤーの車両がそのまま減車になるかどうかが注…

JR北海道社長に小池明夫会長が4年ぶり回帰、上層部の派閥力学が影響した再登板人事

2011/11/06 08:10

 中島尚俊氏の自殺で2ヵ月近く不在だったJR北海道の社長に小池明夫会長(65)が復帰することになった。小池氏本人も望まぬ形でのトップ復帰にJR北海道上層部の一枚岩になれない派閥事情が見え隠れする。 安全最優先を遺書に書き残した中島氏は、何よ…

江差線木古内ー五稜郭間の経営分離でJR北海道から寝台特急「北斗星」「カシオペア」「トワイライトエクスプレス」が消える?

2011/11/03 07:01

 2015年度に北海道新幹線が新函館まで開業することに伴って、JR北海道から経営分離される江差線の木古内―五稜郭間(38㌔)がバス転換されると札幌発の寝台特急が廃止される公算が強くなっている。上野へ向かう「北斗星」や「カシオペア」、大阪行きの「トワイ…

JR北海道の故中島尚俊社長のお別れ会に3000人が献花、小池明夫会長「助けることができず責任を痛感」

2011/10/29 07:25

 JR北海道の中島尚俊社長の「お別れ会」が28日、午後1時から札幌市の京王プラザホテル札幌で行われた。交友関係の広さを物語るように午後3時までの間、参列者は途切れず、約3000人が祭壇に手を合わせ冥福を祈った。会の終了後、小池明夫会長は「中島社長を支…

札幌交通圏タクシー事業適正化・活性化協議会で「減車台数493台、減車率9・2%」から上積みを求めた八鍬隆・北海道運輸局長

2011/09/21 07:55

 タクシー会社の経営改善を進めるタクシー業務適正化特別措置法に基づく「第6回札幌交通圏タクシー事業適正化・活性化協議会」が20日、北海道ハイヤー会館で開かれた。同協議会で札幌交通圏の法人タクシー減車が来年9月末の特措法期限までに493台になり、基準車…

JR北海道中島尚俊社長の死に多くの何故、何を守り、何を残そうとしたのか

2011/09/19 10:17

 JR北海道の中島尚俊社長(64)の遺体が18日朝、小樽市のオタモイ海岸の沖合で見つかった。行方がわからなくなった12日から7日後、帰らぬ人となった。北海道を代表する企業の現職トップが自ら命を断った衝撃は計り知れなく大きい。多くの何故を残しながら先を…

JR北海道が中島尚俊社長失踪の中で国交省に改善措置報告書を提出、次期社長はJR東日本からの移入か

2011/09/17 06:47

 JR北海道は16日、5月に石勝線で発生した特急の脱線炎上事故などに対する改善措置報告書を国土交通省に提出した。トンネル内で火災が起きた場合の手順や緊急避難マニュアルを整備し、すべての業務はお客様のためとして安全対策を指揮する社長の権限強化、さらに企…