東京都内を中心に高級焼肉店「叙々苑」を展開している叙々苑(本社・東京都港区)は、2023年3月1日に「叙々苑札幌駅前店」をオープンさせる。2013年12月に出店した「札幌すすきの店」次ぐ、札幌市内2店舗目となる。(写真は、内装工事が行われているヒューリックスクエア札幌Ⅰ期の2階)

 叙々苑は、「叙々苑」やアッパーグレードの「游玄亭」、焼肉弁当などのテイクアウトやデリバリーを行う「叙々苑キッチン」を展開。直営で首都圏50店舗のほか全国に20店舗の計70店舗を展開している。そのうち、札幌には2013年12月にキタコーS4ビル(中央区南4条西3丁目6-2)9階、10階に「叙々苑札幌すすきの店」をオープンさせている。

 今回、10年ぶりに「叙々苑」を札幌駅前に出店することになった。出店場所は、2022年8月に竣工した「ヒューリックスクエア札幌」(Ⅰ期、中央区北3条西3丁目1-44)の2階。同ビルは、地下1階がショップ、1階はエントランスとみずほ銀行札幌支店、2階がショップとクリニック、レストラン、3階から9階がオフィスとなっており、現在2階では内装工事が行われている。

「叙々苑」は、タン塩焼と上カルビ焼といった焼肉店の2大メニューを先駆的に始めたほか、いち早い無煙ローターの採用、業界初の高層階出店、一流ホテル出店など焼肉業界の新潮流をつくってきた。首都圏以外で、「叙々苑」を複数出店している市は、名古屋市、大阪市、広島市、福岡市で各2店舗。札幌市はそれらの市に次ぐ複数出店の市になる。



38人の方がこの記事に「いいんでない!」と言っています。