全国の企業に向けて企業法務の定着を目指してTKC(本社・栃木県宇都宮市)が主催する「企業法務ラボ」の「企業法務家×士業交流会」が、3月4日(金)15時から17時まで開催される。企業法務Matching(札幌市北区)が協賛する。(写真は、ゲストとして参加する企業法務Matching・久保智人代表社員CEO)

 企業法務を支える企業法務家と士業に携わる人たちが集い、企業法務の学びと交流の場を設けるのが目的。学生の参加も可。15時から16時までは、札幌北商標法律事務所代表で弁護士・弁理士の川上大雅氏が『今からでも遅くない法務に携わる方が知っておくべき知財戦略のすすめ』をテーマに講演。16時から17時までの交流会では、企業法務Matching合同会社の代表社員CEOでサツドラホールディングス(本社・札幌市東区)総務・法務グループ総務・法務チームチームリーダーの久保智人氏、新企業法務倶楽部(東京都中央区)代表取締役の登島和広氏がゲスト参加する。

 開催方式はオンラインライブ配信でオンライン会場の定員は100人。募集対象は、企業法務担当者や専門士業者、学生。参加費無料。申し込みは、https://www.tkc.jp/law/lawlibrary/seminar/seminar20220304/

5人の方がこの記事に「いいんでない!」と言っています。