洋菓子製造・販売、きのとや(本社・札幌市白石区)は、「北海道ミルククッキー札幌農学校」の販売総数が2億枚を突破したことを記念して、2021年12月31日(金)まで、「札幌農学校ありがとうキャンペーン」を実施している。(写真は、「北海道ミルククッキー札幌農学校」のミニチュアチャーム)
写真は、「北海道ミルククッキー札幌農学校」)

「北海道ミルククッキー札幌農学校」は、北海道産の小麦、たまご、バターとミルクを使ったクッキーで、軽い食感と口溶けの良さ、ミルクの豊かな風味が感じられる商品。北海道大学の前身、「札幌農学校」にちなんで名付けたもので、北大に名称使用料を拠出している。2005年から発売を開始、16年目に当たる2021年9月に販売総数が2億枚を超えた。北海道を代表するお土産になったため、公式オンラインショップでキャンペーンを実施することにした。

 キャンペーンでは、「札幌農学校検定クイズ」の特設サイトを設け、チャレンジしながら札幌農学校の誕生秘話や北海道開拓の歴史に触れることができるようになっている。全7問正解で検定に合格すると、抽選で50人に「札幌農学校ミニチュアチャーム」と「札幌農学校12枚入り1箱」をプレゼントする。11月30日までに、きのとや公式twitterアカウントをフォローし、キャンペーンツイートをリツイートすると、抽選で20人に「札幌農学校12枚入り1箱」をプレゼントする。

 また、送料無料で、「札幌農学校12枚入り10箱」のシェアBOX(税込み6500円)、「札幌農学校12枚入り5箱と24枚入り4箱」のシェアBOX(同8450円)なども販売する。



13人の方がこの記事に「いいんでない!」と言っています。