一度北海道から撤退した宅配・持ち帰りピザの「ドミノ・ピザ」が札幌市に再出店してから5ヵ月、今度は旭川市に進出する。新店舗は「旭川二条通店」(旭川市2条通16丁目463)でオープン日は6月23日。旭川市内でも宅配ピザ競争が激しくなりそうだ。(写真は、「ドミノ・ピザ札幌北15条店」)

 全国の宅配・持ち帰りピザ市場は、ドミノ・ピザジャパン(本社・東京都千代田区)の「ドミノ・ピザ」、フォーシーズ(同・東京都港区)の「ピザーラ」、日本ピザハット・コーポレーション(同・神奈川県横浜市西区)の「ピザハット」が3強で、店舗数は、「ドミノ・ピザ」約710店舗、「ピザーラ」約530店舗、「ピザハット」約420店舗。しかし、北海道では、全国トップの「ドミノ・ピザ」が10数年前に撤退、全国2強と函館市に本社を置くテンフォーの「テンフォー」が展開する地域になっていた。
 
 ドミノ・ピザジャパンは、昨年11月27日に札幌市内で3店舗を同時オープン、再出店を果たした。その後も、4月1日に「伏古店」(東区)、同月26日に「北1条西店」(中央区)を出店して宅配地域を拡大。さらに5月28日(金)には「清田1条店」(清田区)をオープンさせる。5月中に、札幌市内6店舗体制を敷いた上で、6月23日(水)には、「旭川二条通店」を「セブンーイレブン」店舗跡に出店、旭川市内でも宅配・持ち帰りを始める。
 
 旭川市内には、「ピザーラ」と「ピザハット」が各3店舗、「テンフォー」が1店舗展開している。「ドミノ・ピザ」は直営展開をしており、店舗進出のスピードが速い。今後も、札幌市内や道内他都市での出店が続きそうだ。



58人の方がこの記事に「いいんでない!」と言っています。