北海道コカ・コーラボトリング(本社・札幌市清田区)は10日、公益財団法人アイヌ民族文化財団と「ペットボトル資源循環の協働事業」について協定を締結した。(写真は、協定締結式。左からアイヌ民族文化財団の常本照樹理事長、北海道コカ・コーラの佐々木康行社長=北海道コカ・コーラ提供)

 アイヌ民族文化財団が管理・運営する「ウポポイ(民族共生象徴空間)」は、アイヌ文化の復興・発展、国民理解促進の拠点として国内外から多くの来場客が訪れることが期待されている。ウポポイに来場した多様な世代にリサイクルに対する意識を高めてもらい、使用済みのペットボトルを新しいペットボトルに生まれ変わらせる「ボトルtoボトル」の促進に向けた事業を協働で取り組むため、協定を締結した。

 具体的には、ウポポイに空容器回収ボックス「リバースベンディングマシン」を設置、「ボトルtoボトル」のリサイクルを行うほか、回収した容器1本につき1円をアイヌ民族文化財団に寄附、アイヌ文化の振興に役立ててもらうというもの。

 この日、白老郡白老町のウポポイで、北海道コカ・コーラの佐々木康行社長とアイヌ民族文化財団の常本照樹理事長が出席、協定書に調印した。


3人の方がこの記事に「いいんでない!」と言っています。