石屋製菓(本社・札幌市西区)が新型コロナウイルスの感染拡大で中国など外国人観光客の減少が進んでいることから、お土産菓子の看板商品である「白い恋人」の製造を20日から一時休止している。(写真は、宮の沢工場の「白い恋人」製造ライン)

 休止しているのは、北広島工場(北広島市)と宮の沢工場(札幌市西区)の製造ライン。両工場で日産約140万枚の「白い恋人」を生産しているが全面的に休止した。休止期間は20日から3月15日、3月23日から27日までの計30日間。休止期間中は「白い恋人」の生産に関わっている両工場パート・アルバイトなど従業員約170人に給与保証を行った上で休職させている。

 休止期間中は宮の沢工場の「白い恋人」製造ラインの見学ができないため、ファクトリーコースの入館料600円を無料にしている。その他の館内各施設は通常通りの入場料金で営業している。

 石屋製菓の製造休止は、道内の観光業界が置かれている現状を端的に表している。お土産需要の多い菓子企業は石屋製菓と同様の事態に直面しているが、「石屋製菓は内部留保も多く財務力があるから製造休止に踏み切れたのだろう。多くの企業にとって新型コロナウイルスの感染拡大による観光客減は死活問題になりかねない」(道内経済団体幹部)という。


23人の方がこの記事に「いいんでない!」と言っています。