酒類販売大手「やまや」(本社・仙台市宮城野区)と居酒屋チェーン「チムニー」(同・東京都台東区)に買収された「つぼ八」(同・同)が北海道で出店を再開する。2月25日(火)に札幌市中央区北4条西2丁目1ー1のカメイ札幌駅前ビルの地下1階に出店する「北の大地 つぼ八札幌駅前店」がそれ。(写真は、「北の大地 つぼ八札幌駅前店」が入る予定のカメイ札幌駅前ビル)

「つぼ八」は、日鉄住金物産(現日鉄物産、本社・東京都港区)が主要株主だったが2018年11月30日に持ち株97・8%のうち「やまや・チムニーグループ」が87・8%を取得してグループ化した。「やまや」は、全国330店舗の酒販専門店を展開、「チムニー(やまやが51%出資する連結子会社)」は、「はなの舞」、「さかなや道場」など居酒屋を中心に全国747店舗を展開しており、両社が「つぼ八」をグループ化することによって全国1000店舗級の国内トップ級居酒屋チェーンになった。

「つぼ八」は道内発祥の居酒屋チェーンのため、現在道内にはFC(フランチャイズ)店舗を中心に96店舗を展開している。これまでは買収に伴うグループ再編のため出店を控えていた。全国ベースでみると19年3月末は193店舗(うちFC160店舗)だったが、19年9月末も194店舗(うちFC163店舗)で出店はほとんど止まっていた。

 今回出店する「北の大地 つぼ八札幌駅前店」は、チムニーが11年間営業していた炭火居酒屋「こだわりやま札幌駅前店」跡への居抜き出店となり、グループ内での店舗再編の一環。なお、チムニーは、道内で「北海道 増毛町 魚鮮水産」や「北海道 増毛漁港直送 遠藤水産」など17店舗を展開している。


28人の方が「この記事が参考になった」と言っています。