東京証券取引所1部上場、アークランドサービスホールディングス(HD、本社・東京都千代田区)の子会社かつや(同・同)は11月中旬、カツ丼やロースカツ定食、カツカレーの「かつや札幌北23条店」を出店する。(写真は、建設が進んでいる「かつや札幌北23条店」)

 出店場所は、札幌市東区北23条東1丁目3ー15で東1丁目通(旧石狩街道)北行き車線のバス停「北24条東1丁目」のそば。店舗の建築主はアークランドサービスHD、設計、監理、施工はオフィス環境事業や商環境事業などのオカムラ(本社・横浜市西区)の関係会社セック(同・東京都中央区)。工期は8月下旬から11月初旬。

「かつや」は、2019年9月末で全国399店舗を展開、北海道はそのうち19店舗で札幌市内は11店舗を占める。同じ東区の店舗には「札幌伏古店」(伏古1条4丁目1ー40)がある。
「かつや」の1~6月の上期既存店売上高は、前年同期間比98・6%、客数は同99・5%、客単価は同99・0%となっている。
 


14人の方が「この記事が参考になった」と言っています。