菓子製造販売の札幌村スイートポテト(札幌市東区)は、8月31日に工場直売所をオープンさせた。看板商品のスイートポテトのほか数量限定のスイートポテト大福などを揃えている。
(写真は、「札幌村スイートポテト」の直売所=上とスイートポテトを紹介する橋本良音取締役)

 札幌村スイートポテトは、東区苗穂町にあった「札幌はまなす製菓」を承継した菓子製造販売企業。同社が60年にわたって製造してきたスイートポテトを中心に本州や道内のスーパーなど量販店向け、道内外の物産展などで販売してきた。直営店舗としては、「札幌駅JRタワーエスタ店」(札幌エスタ地下1階大食品街)を展開しているが、今回8月31日から東区本町2条3丁目にある工場に直売所を設け、外販することにした。

 同社のスイートポテトは、60年続く伝統の製法で一本一本仕上げており、「今風の滑らかな食感と違って、餡が荒くて力強いのが特徴」(橋本良音取締役統括本部長)。自家製の無添加カスタードクリームを使用、素朴で懐かし味わいに仕上がっている。

 直売所では、数量限定でスイートポテトの「しっとりケーキ切り落とし」や「スイートポテト大福」を販売するほか、道産米粉のシフォンケーキも用意する。原料のさつまいも「紅あずま」は現在、茨城県産を使用しているが10月からは石狩産を使用する予定。「気軽に立ち寄ってもらい、ぜひリピーターになってほしい」(橋本氏)と話している。直売所は☎011・790・7360 FAX011・790・7362


20人の方がこの記事に「いいんでない!」と言っています。