厚切りビッグサイズのステーキを提供する「いきなり!ステーキ」が、明日7月10日(水)に北海道で14店舗目となる「千歳店」(千歳市錦町2丁目12ー1)をオープンさせる。「いきなり!ステーキ」の新店は4月26日の「イオン北見店」(北見市北進町1丁目1ー1)に続くもの。(写真は、あす10日にオープンする「いきなり!ステーキ千歳店」)

 出店場所は、国道36号線とJR千歳駅から伸びる国道337号線の交差点南東角。昨年まで更地だった場所に路面店を新設した。椅子席51席。運営するのは、山本ビル(旭川市)。山本ビルは、「いきなり!ステーキ」の「アリオ札幌店」(札幌市東区)、「イオンモール旭川西店」(旭川市)、「札幌南店」(札幌市中央区)などを展開している。

 道内の「いきなり!ステーキ」店舗は、16年12月9日にオープンした1号店「新さっぽろカテプリ店」が1号店。現在は、札幌5店舗、函館と釧路が各2店舗、旭川、北見、帯広、苫小牧が各1店舗展開している。

「いきなり!ステーキ」を展開する東京証券取引所1部上場のペッパーフードサービス(本社・東京都墨田区)は、2019年12月期の「いきなり!ステーキ」全国出店数を当初の210店舗から115店舗に半減することにしている。理由は、出店加速による競合により既存店売り上げの減少。直近の19年5月は、全店売上高が前年同月比125・4%と順調だが、既存店は同73・4%と低迷している。道内店舗は札幌圏を除けば競合が少なく、新規出店の余地はまだあるようだ。


13人の方が「この記事が参考になった」と言っています。