リオデジャネイロ五輪競泳男子400m個人メドレー銅メダリスト、瀬戸大也選手らが所属するジェイエスエス(本社・大阪市西区)が、札幌市清田区で展開している「JSS清田スイミングスクール」を移転新築する。既に移転先で施設の建設が始まっており、9月下旬には新オープンする見通し。投資額は2億5000万円。IMG_3181(写真は、移転新築中のJSS清田スイミングスクール)

 現在、「JSS清田スイミングスクール」は、清田区役所向かいの清田1条4丁目で営業している。しかし施設老朽化に伴い、約2km北にある「東光ストア平岡店」と同じ敷地内の平岡7条2丁目に新施設を建設することにした。建設は3月から始まっている。新施設の敷地面積は、約493坪(約1630㎡)で延床面積は約264坪(約873㎡)。設備は25mプール6コース。施設の設計は日本建設(本社・東京都文京区)の札幌支店一級建築士事務所(札幌市中央区)、施工は日本建設札幌支店(同)。

 東京証券取引所ジャスダック市場に上場しているジェイエスエスの2018年3月期決算は、売上高87億2200万円、経常利益5億5800万円で前期比2・4%の増収、3・7%の経常増益だった。全国に直営・業務委託を含めて83施設(18年3月末現在)、北海道には札幌市内3施設を含めて8施設展開している。


9人の方が「この記事が参考になった」と言っています。