JR函館駅から徒歩5分の場所に2019年度冬、「ユニゾインエクスプレス函館駅前」がオープンする。コストパフォーマンスの高い低価格帯のビジネスホテルでビジネスやインバウンド需要を見込む。(写真は、今春開業する「ユニゾインエクスプレス函館駅前」)

 ユニゾホールディングス(本社・東京都中央区)のホテル事業子会社、ユニゾホテル(同・同)は、ハイグレードなビジネスホテル「ホテルユニゾ」を全国11ヵ所、スタンダードなビジネスホテル「ユニゾイン」を全国12ヵ所に展開している。

「ユニゾインエクスプレス」は、ホテルに求められる機能を厳選して最小限の設備、備品に絞ることで低価格を追求したビジネスホテルで、18年4月に「盛岡」を開業、19年春に「金沢駅前」、「函館駅前」、同年夏に「鹿児島天文館」、21年春には「大阪南本町」の開業を予定している。

「函館駅前」は、函館市若松町18に立地し、昨年3月から建設工事に着手していた。客室数は277室。ユニゾホテルは、北海道で16年1月21日に「ユニゾイン札幌」(客室数224室)を開業しており、「ユニゾインエクスプレス函館駅前」は2ヵ所目のホテルになる。
※2019年2月12日、記事一部修正しました。関係者の皆様にご迷惑をおかけしました。お詫びして訂正いたします。


12人の方が「この記事が参考になった」と言っています。