きょう開幕した「70回さっぽろ雪まつり」を盛り上げようと、北海道コカ・コーラボトリング(本社・札幌市清田区)が、札幌市中央区の大通会場の2丁目と8丁目にブースを設けた。(写真は、2丁目会場の大型テント)

 2丁目会場には直径13m、高さ6・7mの大型テントを設置。コカ・コーラグッズの販売と雪まつり70年の歴史や、札幌の観光情報をプロジェクションマッピングで楽しめるようにした。また、8丁目会場には、気軽に休憩できる小型販売ブースを設けた。
 両ブースでは、コカ・コーラ、コカ・コーラゼロのさっぽろ雪まつり応援デザイン缶や、「札幌市時計台」 「さっぽろテレビ塔」「五稜郭タワー」 をモチーフにしたデザインと、「北海道の地形」をモチーフにした2種のデザインのスリムボトルを北海道限定製品として販売する。

 また、8丁目ブースでは、きょう4日にリニューアル発売された「ジョージア 香るブラック」のホット製品のサンプリングも8日から雪まつり最終日の11日まで実施する。



4人の方が「この記事が参考になった」と言っています。