ホーマック(本社・札幌市)の大型ホームセンター「スーパーデポ厚別店」(札幌市厚別区厚別東5条1丁目)と北東商事(同)の「キャッツアイ新札幌店」(同)の複合商業アミューズ施設がオープン間近だ。キャッツアイ新札幌店は4月24日に営業を開始することを既にホームページで告知、ホーマックも同月下旬にグランドオープンすることを一部店舗で案内している。(写真は、オープンまで1ヵ月を切った『スーパーデポ厚別店』と『キャッツアイ新札幌店』の複合施設。2013年3月20日撮影)
 
 ホーマックとキャッツアイの複合施設は、新札幌から江別方面に向かう国道12号線の北側に立地。キャッツアイの旧店舗と後方の空地を利用した敷地面積約2万6000㎡の土地に建築面積1万4008㎡の3層建屋が既に完成している。
 1階が1万4008㎡、2階は1万526㎡、3階は278㎡の延床面積2万4812㎡で売場面積は、1万5338㎡。そのうちカラオケ、ゲームなどキャッアイの施設面積は5202㎡を占める。建物設置者は、三井住友ファイナンス&リース、建設施工は岩田地崎建設。
 
「スーパーデポ厚別店」では、園芸やペット用品、工具、建設資材、カー用品、スポーツ・レジャー用品、家庭用品、文具、実用衣料、インテリア用品、寝具、家庭電化製品などを扱う。
 同じ商圏範囲にある「ホーマック厚別東店」(厚別東4条3丁目)は、新店舗のオープンに合わせて4月7日に閉店、他の物販業者が居抜きで出店する予定。
 
 3月20日現在、現地では既に建物が完成し店舗前の駐車場用地の整地作業を進めている。オープンまで残り1ヵ月弱、雪解け時期と重なって新札幌の新たな賑わいの拠点が生まれる。



この記事は参考になりましたか?