酪農学園大学(江別市)が全国の高校生を対象に実施している「牛乳類を使ったスイーツレシピコンテスト」。12回目を迎えた今年は、184点の応募があったが上位入賞した8点のレシピをセコマ(本社・札幌市中央区)が商品化、北海道のセイコーマートグループ店舗で10月2日から販売する。また、札幌グランドホテル(中央区)も4点のレシピを利用、1階レストランで提供する。※動画はこちらの画像↓をクリックしてご覧ください

IMG_8362(写真は、セコマが商品化するスイーツ8種)

「牛乳類を使ったスイーツレシピコンテスト」は、当時だぶついていた牛乳の消費拡大を図る目的で 2006年から始まった。酪農学園大が全国の高校生からレシピを募集、合わせて同大に興味を持ってもらい進学に結び付ける狙いもあった。当初からセイコーマートが協力、1回目は入賞したレシピのうち3点の商品化からスタートした経緯がある。

 その後、継続的に実施、年によって応募件数に違いがあるが、毎年150点以上を集める人気のコンテストになっている。今回は184点(道内86点、道外98点)の応募があり、同大とセコマ、札幌グランドホテル、学校法人光塩学園の担当者による審査を経て入賞作品が決まり、次の8点が商品化される。

■最優秀賞(酪農学園大学学長賞) 北海道真狩高校「もっちりジャガチーシュー」。じゃがいもとチーズのクリーム、求肥が入ったシュークリーム。みたらしのソース、きなこの味わいと求肥のもっちり食感が特徴。
198円(税込)
■優秀賞(セコマ賞) 北海道中標津農業高校「大地のプリン」。小豆ソースにじゃがいもプリン、かぼちゃクリームをトッピングして北海道の大地をイメージ。250円(同)
■優秀賞(光塩学園調理製菓専門学校校長賞) 北海道滝上高校「トマベリーチーズケーキ」。トマトとチーズのムースにトマトソースを重ねており、クランチの食感がアクセント。250円(同)

 奨励賞の5品は次の通り。
■北海道とわの森三愛高校「とうきび牛っとつまったると‼」170円(同)
■岡山県立津山東高校「大人なジンジャーティラミスケーキ」(商品名は「しょうがティラミスケーキ」に変更)248円(同)
■北海道滝上高校「ベリー牛っとなミルクプリン」298円(同)
■北海道岩見沢農業高校「チーズケーキプリン」250円(同)
■岡山県立津山東高校「3種ミルクのモンブランシュー」(商品名は「ミルクのモンブランシュー」に変更)
270円(同)
 
 これら8品を10月2日から同月29日までセイコーマート道内店舗やハマナスクラブ、ハセガワストア、タイエーの合計1152店舗で販売する。また 札幌グランドホテルも10月1日から約1ヵ月間、最優秀賞、優秀賞など4点を一部改良して専属パティシエが作り1階レストランで提供する。

 セイコーマートグループの販売目標は全8品で14万個、3000万円。昨年は12万7000個を販売した。なお、製造はデザートランド(本社・横浜市港北区)北海道工場(恵庭市)、セコマグループのシェフグランノール(札幌市白石区)、山崎製パン(本社・東京都千代田区)札幌工場(恵庭市)、札幌バリ(札幌市白石区)が担当する。
IMG_8357 (2)(写真は、最優秀賞に選ばれた北海道真狩高校の生徒が作ったレシピ)


3人の方が「この記事が参考になった」と言っています。