ユニクロ(本社・山口市)とジーユー(同・東京都港区)は、札幌市清田区清田の羊ヶ丘通沿いに路面店を出店する。オリックス(同・東京都港区)が店舗を設置し、2社が賃借する。オープンは今年10月末が予定されている。IMG_2270(写真は、ユニクロとジーユーの出店場所=右。左は羊ヶ丘通)

 商業施設の名称は仮称・清田商業施設。民有地約4500坪をオリックスが賃借して建屋を設置する。建屋は、平屋で中央に隔壁を作ってユニクロとジーユーの店舗を分ける。売場の総面積は、約900坪。平屋で1000坪近い売場面積となり、ロードサイド型郊外店としては関東以北で最大規模になる。
 
 設計監理はマキタ設計(本社・札幌市白石区)、施工は日本建設(同・東京都文京区)。同じ敷地内には、別棟で飲食店の計画もあり回転寿司のスシローの出店が濃厚。
 また、建設地の西側に隣接する約3300坪の空き地についても商業施設や病院などの開発計画が進行している。
 
 羊ヶ丘通沿いの清田地区には、食品スーパーの「ダイイチ清田店」やドラッグストアの「ツルハ清田店」のほかタイヤ・ホイール館フジ「スペシャルブランド札幌清田店」、家電量販店「100満ボルト札幌清田店」、ホームセンター「スーパービバホーム清田羊ヶ丘通店」が集積しており、「ユニクロ」、「ジーユー」の出店により“清田商業回廊”の密度は一段と高まる。


15人の方が「この記事が参考になった」と言っています。