メディカルシステムネットワーク(本社・札幌市中央区)は、コープさっぽろが展開していた旧「二十四軒店」を取得、医療モール「メディカルスクエア北円山」(仮称)として11月にオープンさせる予定。北円山外観パース 最新版(写真は、メディカルスクエア北円山のパース図)

 コープさっぽろの旧二十四軒店は、札幌市西区二十四軒1条5丁目にあり地下鉄二十四軒駅とほぼ直結している。土地は札幌市の所有でコープさっぽろは1985年に3階建ての店舗兼事務所を建設、2階部分の約289坪(953㎡)を使って店舗を展開してきた。冷ケースなど設備機器の老朽化や面積が手狭なこともあって、コープさっぽろは2016年12月に二十四軒3条1丁目に店舗を移転新築、旧店舗の売却先を探していた。

 メディカルシステムネットワークは調剤薬局や医療モールを運営しているが、本社のある中央区北10条西24丁目の近辺には調剤薬局や医療モールがないことから、本社ビルと至近距離にあるコープさっぽろ旧二十四軒店を取得することにした。3月末で取得したが、金額は非公表。

 同社は、建物のリノベーションを行い、床や窓を刷新して同社が展開する医療モールの名称を採用、「メディカルスクエア北円山」として11月オープンを目指す。総面積は約455坪(約1500㎡)。入居するのは内科など4クリニックを予定、調剤薬局も設置する。


8人の方が「この記事が参考になった」と言っています。