JR札幌駅北口の札幌市中央区北7条西5丁目に300坪を超える大きさの更地がポッカリと現れている。形はややいびつだが、これだけまとまった広さの更地が出現するのは最近では珍しい。さて、何になるのか。(写真は、北7西5の更地)

 更地は、JR札幌駅から北西方面に約200mの距離にある。以前はニッポンレンタカーの自走式2階建て駐車場があったところ。隣接して建っていた事務所兼民家の建物などは取り壊されてまとまった更地になった。

 解体は、本間解体工業(本社・札幌市西区)が手掛け、工期は3月11日から4月19日までとなっている。解体の注文主はホームシステム北栄(札幌市白石区)。付近には、1991年竣工の15階建て「第27ビッグ札幌北スカイビル」、2013年竣工の東急不動産の分譲マンション「ブランズタワー札幌」がある。更地は、どんな姿に変化するのか。(※詳細決定次第、お伝えします)


20人の方が「この記事が参考になった」と言っています。