• Follow Me

地域経済の専門サイトとしてグローカルな情報を毎日提供しています。

北海道リアルエコノミー

MENU

ホーム 北海道の今を読み解く地域経済ニュースサイト「リアルエコノミー」

北海道新幹線のネックになる函館市長選

2010/07/13 07:42

北海道新幹線の札幌延伸は、今年8月が政府方針のヤマ場と見られているが、地元合意のネックとして最大の焦点になっているのが、JR北海道が表明した新函館と函館間を結ぶ在来線の経営分離。函館市は、新函館と函館間をJRが責任をもって運営することを前提に函館…

JR貨物北見ー札幌間のディーゼル機関車更新費用に72億円?

2010/07/11 08:39

JR北海道の鉄道部門だけを取れば、収支は赤字の状態だ。国鉄民営化のときに手切れ金のようにそれぞれ渡された安定基金の運用によって黒字になっているものの、コレがなければ経営を続けることさえ難しいと言わざるを得ない。 道内を走るJR貨物もそれは同…

三井アウトレット大曲とインターヴィレッジ大曲

2010/07/08 07:33

札幌と北広島の境界に出来た三井アウトレットモール大曲店は、オープンから2ヵ月半、その集客力には凄まじいものがある。休日ともなれば未だに車の長い列が続き、目の前を走る羊ヶ丘通を避けるドライバーも多い。 アウトレットで先行していた南千歳のレラとの競…

北洋銀行トップの個室から見る眺め

2010/07/07 07:55

北洋大通センターの竣工から2ヵ月、北洋銀行の会長、頭取を含めた役員全員が新ビルに移って1ヵ月になる。本店はまだ従来の北洋ビルで営業をしているが秋口には北洋大通センターに移転し大通支店と統合する予定だ。 旧北洋ビルの役員室は低層階にあって、大通公…

酒類販売で流通小売業の主役は、「ツルハ」、「ホーマック」へ

2010/07/06 07:26

流通小売業は、酒類販売を取り込むことで成長してきた。かつて道内に数千はあった独立酒販店は今では数百に激減。代わって酒類販売の中心になったのが、コンビニや食品スーパーだった。それが今、ホームセンターやドラッグストアに移り始めている。酒類販売の中心に…

道内23信金を束ねる北村信人・大地みらい信金会長の人間力

2010/07/03 18:41

地域経済に血液を供給するのが信用金庫。北海道には23の信用金庫があり、その殆どが健全経営を実現しており、血液供給は万全の体制のように見える。 でも、今の信金は血液を送ろうにも送る相手が疲れていて、これ以上は血液はいりませんという状態。それに、地…

5~10年後の北海道を動かすのは大西、武の2経済人

2010/06/30 07:48

北海道を動かす経営者たちの顔ぶれが5~10年後には様変わりすると見られている。現在、流通や観光、不動産などの各分野でトップの地位にいる経営者たちは、長く北海道経済の中枢にいた。 具体的に言えば、アークスの横山清社長であったり、加森観光の加森公人社長…

猛暑日に過去最高76万人が来店したセイコーマート

2010/06/29 07:34

先日の6月26日土曜日は、道内各地で気温が35度を超える猛暑日となった。足寄町では37・1度、北見37度など道内13ヵ所で記録が残っている中では年間の過去最高気温になった。 九州四国地方では梅雨前線が活発になって豪雨が襲い気温も30度以下。例年…

流通は暗黒大陸。水面下のM&A攻防を抉る

2010/06/28 07:49

流通は暗黒大陸と言ったのは社会学者のドラッカーだが、まさに暗黒大陸そのものの動きが道内流通業界で繰り広げられている。 暗黒大陸と言うのは、例えば商品が店頭に並ぶまでにどういう流通経路を通ってどう値段が変わっていくかが全く見えないことを比喩的に言…

「コンクリートから木へ」のネックは加工技術

2010/06/26 07:35

北海道には554万㌶の天然森林があって、全国の4分の1を占めている。食の大国とか農業王国などといわれるが、北海道は緑の大国でもある。 道庁では、豊富な森林資源を生かして施設の木造化や木質化を積極的に進めている。ロシアからの木材輸入が減少している…