日本ハム(本社・大阪市北区)は、26日開催の臨時取締役会で新球場建設構想の候補地を北広島市の「きたひろしま総合運動公園」とし、新球場の基本設計及び事業としての実現可能性の検証など建設に向けた具体的取り組みを進めることを決議した。IMG_4900(写真は、北広島市役所)

 これによって一昨年5月から始まった日ハム新球場を巡る自治体の誘致合戦は終止符を打つことになるが、実現に向けてはこれからが本番になる。これまではどちらかというと机上の計算が中心だったが、これからはリアルなマネーの問題が必須の事項になってくる。日ハムにとっても北広島市にとっても、これまでと違うシビアなネゴシエーションが必要になってくるだろう。

 それにしても誘致に名乗りを挙げた北広島市と札幌市の行政サービスの多寡を天びんに掛けるような日ハムの選定方法には、少なからず問題があった。とりわけ札幌市と交渉にあたった日ハム担当者は、スポーツビジネスに携わる人物とは思えない言動を繰り返した。「選んでやっている」という姿勢が、誘致合戦の根底に漂っていたことを嗅ぎ取った道民、市民は少なくないだろう。

 プロ野球日本ハムファイターズが札幌ドームを本拠地とした2004年以降、付いて回ったのは同社の自己完結型商法へのブーイング。ファイターズの経済効果をグループで囲い込む姿勢が地域密着の観点から疑問という声だった。

 ファイターズが球界随一の人気球団になったのは、道民や札幌市民の後押しがあったから。球場選びでこうしたファンが離れていくようでは元も子もない。北広島市での新球場建設に向けファイターズは、親会社の日ハムともに一段と目線を低くして、ファンと寄り添う姿勢をはっきり示して欲しい。


62人の方が「この記事が参考になった」と言っています。