札幌市が今年度中に現市役所本庁舎に近い「NTT大通2丁目ビル」を60億円で取得することに伴い、長年親しまれてきた「ミスタードーナツ大通公園ショップ」が閉店する。閉店日は2月28日。20180209_153602(写真は、閉店が決まったミスタードーナツ大通公園ショップ)

 市は市役所本庁舎の老朽化に伴い、現在NHK札幌放送局がある大通西1丁目への移転建て替えを計画している。NHKは、北1西9の旧札幌市立病院跡地の一部と大通西1丁目の所有地を等価交換しており、新放送局の完成後に旧放送局建物を取り壊して市に引き渡す。

 市はそこに新庁舎を建設し、現庁舎を取り壊して一帯を大通公園と繋がる公園にする計画。札幌時計台が大通公園から望めるように整備する考え。

 こうした方針から、NTT大通2丁目ビルを取得することにしたもので、既に1月末には1階のテナントだった海鮮居酒屋「はなの舞 札幌時計台店」が閉店した。今回、同じく1階で営業してきた「ミスタードーナツ大通公園ショップ」が営業を休止する。店頭には《ビルオーナーが土地売却のため閉店》と告知している。残る店舗は「ローソン札幌大通2丁目店」のみになる。なお、同ビル1階の札幌大通郵便局は区分所有のため市の取得対象外と見られる。


15人の方が「この記事が参考になった」と言っています。