平昌冬季五輪の女子スピードスケートで金メダルを含む5個のメダルを獲得した高木菜那選手(25)、美帆選手(23)の快挙を祝う祝賀パレードが、故郷の中川郡幕別町で行われた。20180422_185439(写真は、幕別町で行われた高木姉妹の祝賀パレード)

 町や地元のスケート団体などによる実行委員会の主催。午後1時に札内支所近くの札内コミュニティプラザをスタート、白人(ちろっと)小学校を経て幕別町百年記念ホールまでの約1・2㎞を高木姉妹はオープンカーに乗って約1時間かけて進んだ。

 人口約2万8000人のマチに町内外から詰めかけた観客は約1万8000人にも及んだ。「ありがとう」、「おめでとう」と盛んに声援を送ると高木姉妹は笑顔で手を振りながらメダルを掲げて応えていた。

 途中、十勝教育センターの横の150mを「子どもふれあいゾーン」として町内外の小学生ら約600人に開放、高木姉妹は車を降りて歩きながら一人ひとりとハイタッチして進んでいった。
 その後、百年記念ホールで町民報告会が行われ、700人の町民が参加、高木姉妹の栄誉をたたえた。飯塚晴義町長(62)は、姉妹に特別町民栄誉賞を贈った。


2人の方が「この記事が参考になった」と言っています。