住友林業住宅事業部札幌支店(札幌市西区)と北海道セキスイハイム(札幌市北区)は、札幌市西区宮の沢1条4丁目90番9ほかの土地約1847坪について、一般住宅向けに開発する。樹木の伐採や土地形状を変更し12月から戸建て用地として整備、販売する。IMG_8115 (2)(写真は、住友林業と北海道セキスイハイムが整備を進めている戸建て住宅用地)

 場所は、北5条手稲通沿いにある山藤三陽印刷と道新総合印刷札幌工場の裏側で、印刷・プリント、エスエスピーの本社跡地。住友林業と北海道セキスイハイムが、札幌市から開発行為許可と現状変更行為等の許可を受けて、9月上旬から一般住宅用の開発事業を行っている。

 約1847坪の土地を戸建て用として26区画に整備して12月下旬から販売を始める。北海道セキスイハイムは、そのうち13区画を販売するが、「アンサンブルタウン宮の沢」と命名。44・80坪から77・50坪を用意、1875万円から2207・7万円で販売する。



5人の方が「この記事が参考になった」と言っています。