医療・一般用医薬卸売業のモロオ(本社・札幌市中央区)は、北海道財務局が売り出した札幌市豊平区平岸2条12丁目の建物付土地約1732坪を8億6450万円で取得した。旧自衛隊札幌病院跡地に隣接した旧防衛省平岸公務員宿舎の一角。IMG_2002(写真は、旧防衛省平岸公務員宿舎)

 土地面積は、前述した1732坪で4階建ての宿舎の建築面積は約355坪。宿舎の延べ床面積は約1239坪。道財務局は、一般競争入札を実施して2017年1月12日に開札。4社が応札してモロオが落札した。2月9日付で売買、土地に金融機関抵当権は設定されていない。

 なお、隣接する旧防衛省平岸公務員宿舎の建物付き土地(約1118坪)も売り出され、こちらは不動産・建設業が5億6100万円で落札している。


14人の方が「この記事が参考になった」と言っています。